闇金の危険性とは一体何か

闇金でお金を借りてはいけないと言われていますが、それでも闇金を利用してしまう人はいます。単純に闇金と知らずに借りてしまうケースがありますが、これについては初めから大手金融選んでおけば間違いありません。

 

中には少額だから、すぐに返せるからと、安易に闇金を選んでしまう人もいますが、注意が必要です。闇金で借りてしまうと、中々返済できなくなります。

 

例えばトサンで5万円借りたとします。10日で利息が15,000円付きます。もしも10日後に15,000円返したとしても、その10日後にまた15,000円の利息が付きます。借りたのは5万円なのに、たったの1カ月で利息が45,000円もかかります。

 

闇金で借りた後に怖いのは、返済が滞った場合です。例えば1カ月返済が遅れると、10日後に15,000円の利息がついて、借入は65,000円に増えます。その10日後には、65,000円に対して利息が発生するので、利息は19,500円付きます。借入は84,500円となります。30日後には84,500円に対して3割の利息が付いて、25,350円、借入は109,850円に膨れ上がります。

 

一度返済が遅れると、どんどん借入れが膨れ上がっていくのが闇金の怖さです。しかも、実際の取り口はもっとひどいケースもあります。

 

例えば返済日に音信不通になり返済させてもらえないなどの手段も、平気で用いてくるので、利用してはいけません。

 

やはり借りるなら安心して利用ができる大手のプロミスで借りるのが最適であり、プロミスなら土日の最短即日融資にも対応をしているのですぐに借りたいときにも助かります。