消費者金融以外の借入れ先

お金を借りる方法として消費者金融は便利ですが、消費者金融以外にもお金を借りる方法はあります。例えば銀行のカードローンは、年々利用者も増えているサービスです。元々銀行は法人向けの融資が主で、個人向けには住宅ローンのように、使い道がはっきりしているローンのみでした。

 

しかし、現在は個人向けカードローンの提供に力を入れてきています。低金利な時代に反して、カードローンは金利が高く、貸付けしたお金に対してのリターンが大きいです。現在銀行の多くがクレジット会社や消費者金融と提携して貸付けを行っています。審査関連は提携先に委任し、銀行は貸付け業務に集中できるので、低リスクで貸付けを行えます。

 

銀行のカードローンの存在は、利用者側にもメリットがあります。消費者金融で借りるよりも金利が低いので、少ない利息でお金を借りられます。消費者金融は銀行等からお金を借りて貸付けを行うので、その分が金利に上乗せされてしまいます。銀行のカードローンなら自分の銀行の資金から貸付けを行えるので、その分金利を下げても貸付けが可能なのです。

 

また、消費者金融と違って銀行は総量規制の対象外となります。消費者金融では断られる、年収の1/3を超える貸付けも、銀行なら行えます。

 

もちろん誰でも借りられるわけではなく、銀行は銀行のそれなりに厳しい一定の基準での審査が行われます。審査に通過をしてはじめて借りられるのですが、審査回答自体は銀行も早くなってきているので時間はかかりません。

 

最短即日の審査回答で注目を集めているオリックス銀行カードローンの来店不要審査においても、ネットで手軽に進められるために注目です。